相続税最高税率55%に引き上げ

お金と保険
スポンサードリンク
Sponsored Link

相続税最高税率55%に引き上げ

相続税の最高税率が55パーセントに引き上げられるというニュースが話題になっているようですが、

わたしの身の周りでは、この相続税最高税率引き上げの影響をもろに受けてしまう方も何人かいるので、かなり気になるニュースですね。

相続税が最高税率55%に引き上げ。政府税制調査会は相続税の最高税率を50パーセント(現行)から55パーセントに引き上げるという方針を2010年12月11日2011年度の税制改正固めたそうです。

相続税で発生する財産の金額から差し引き、

税金を安くする基礎控除に関しては、現在の5千万に法定想像杭打人数を足して千万をかけたものから、3千万に法定相続人数を足し、6百万かけたものに縮小するとのこと。

5千万+法定相続人数×一千万円

3千万+法定相続人数×6百万円


相続税の増税を子供手当に?

税率区分に関しては6段階である現在の税率区分から8段階に増やされるということで、

政府内には、相続税で増税された分を2011年度より、財源の一部を3才未満の子供手当を上積みすることに当てるという考えもあるのではと言われているようです。

相続税最高税率引き上げ=富裕層に負担額?

相続税の最高税率を引き上げることによって基礎控除を縮小することの理由に、富裕層に負担額を求めることで税収アップをもくろむためだと言われています。

これは、分かりやすく言ってしまえば高い遺産をもらう人達を対象に、そして今現在お金を持っている人達に税を負担してもらう、ということなのでしょうか。

富裕層というか、お金を持っている方が、どんどん日本に居づらくして海外へ流れて行ってしまうということにはならないのでしょうか。

でも、よく考えると、この相続税最高税率が55パーセント引き上げという流れは中流階級にこそ打撃なのかもしれません。

もっと、今あるムダを排除することでどうにかならないのでしょうか。

相続税最高税率55%に引き上げ
Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。